HOWL BE QUIET 松本 拓郎
HOWL BE QUIET
松本 拓郎

MODEL

SKATER-B432(TPV)

SKATER-B432(TPV)
Artist Comment

33インチのエレキベースは年々増えてはいますが、プレイアビリティと実践向きなオーソドックスなサウンドを両立することはなかなか簡単なことではありません。RYOGAのSKATER-BASSは、個性的なルックスながら極めて使いやすいサウンドを有しています。わずかに1インチの違いながらそれは明らかに感じられ、普段できないような攻めたフィンガリングも可能にします。現場に持ち込む度に、ライブギアーとしても、制作の強い味方としても頼りになるベースだと実感しています。

このモデルの詳細

Val-B443/ASH(TPW)

SKATER-B432(TPV)
Artist Comment

ポップスやロックに於けるエレキベースは、奇抜なサウンドより扱いやすい、耳なじみの良いサウンドが重宝される傾向にあります。Val-B443/ASHはJ-Jスタイルのベースとしてとてもクリアで押し出し感のあるサウンドながら、プレイヤーへの気配りが随所に感じられる設計になっています。トラディショナルなスタイルと現代的な設計により、プレイヤーがプレイパフォーマンスに最大限集中できるベースだと感じています。

このモデルの詳細

VIDEO

PROFILE

HOWL BE QUIET プロフィール

松本 拓郎(HOWL BE QUIET)

1997年生まれ。幼少期から父親の影響でロック、ブルースを聴いて育つ。ハードロックに衝撃を受け、10代からバンド活動を開始し、17歳よりスタジオミュージシャンとしてのキャリアをスタート。様々なアーティストのライブやレコーディングに参加し年間ライブ本数は100本を超える。並行して2017年にはark stormに参加、2018年にHOWL BE QUIETに加入、メジャーデビューする。また楽器機材への造詣も深く、2018楽器フェアをはじめデモンストレーションやレビューなども行う。