サウンドクリエイター 辻村有記
サウンドクリエイター
辻村有記

MODEL

HORNET-H3/SP (MNR)

HORNET-H3/SP (MNR)

HORNET-H3/SP (MNB)

HORNET-H3/SP (MNB)
Artist Comment

ずっと音楽をやってきて、ようやく出会えたと思えたギターです。
音の質感もすごく好みで、ジャンルに縛られる事なく、様々なシチュエーションで使用出来て重宝してます。
Liveでの光の当たり方で色の深み、表情が変わるのが好きです。
そしてなんと言っても軽いです。個人的に重さにストレスを感じる事が多かったのですが、RYOGAはそれを解消してくれました。
これからの音楽人生、良い相棒が出来ました。

このモデルの詳細

VIDEO

PROFILE

辻村有記 プロフィール

辻村有記

1988年3月12日生まれ。兵庫県出身。
2016年8月9日、9年間(2007年~2016年)の活動をもって解散した「HaKU」のフロントマン。
解散後すぐさまサウンドクリエーターとして表現したい音楽を模索しながら音源制作をはじめる。
彼のルーツミュージックのひとつ、北欧音楽に触れ自身の音楽制作を追求するために、フィンランドにて開催された、全世界のクリエーター達が集う見本市に単身で参加。
同じ志をもつ国際的な若き音楽クリエーターやアーティスト達と音楽を通じて仲間になり、音楽が世界を駆け巡る夢を実現する為に“Fox.i.e”という名前で、海外に向けて楽曲制作活動を展開。2016年の秋には、“Fox.i.e”名義で国内アーティストへ楽曲提供し話題となる。
2017年2月“Fox.i.e”として「Snow」、6月には、「You are gone」を発表。
第一弾配信シングルとなった「Snow」のMVではフィンランドの象徴とも言えるアニメーション「ムーミン」とのコラボレーションが実現。
国内活動としては、2017年7月1st配信限定シングル「Ame Dance」を皮切りに、作詞、作曲、トラック、ヴォーカル、アレンジなど、全てをプロデュースする“ 辻村有記 ”ソロ名義で活動をスタートさせる。
8月には、バンド解散から1年の歳月を経て「辻村有記 SHOWCASE - U -」でライブ活動を再開。その熱冷めやらぬ8月30日に、ソロ第二弾配信シングルとして『モンストアニメ』テーマソング「Light」が発売となる。
2018年12月には、辻村有記の冬のアンセムと言えるEP「Snowflakes」をリリース。Rin Oikawaとのコラボレーションも実現した。
2019年、更なるサウンドクリエーター、クリエイティブコンポーザーの幅を広めるため、スウェーデンでのサウンドクリエイターズキャンプに参加し、世界的なコンポーザーとコライト作業を行い、数々の楽曲を産み出している。また、外国人作家とのコライトプロジェクトである“KiUi”も始動。楽曲の世界観を具現化したビジュアル・ムービーと並行して世界に向けて楽曲をドロップしている。そして、様々な界隈の第一線で活躍する“長男”たちが集まったCho_Nansとしての活動でも楽曲のリリースやライブ活動、独特な映像のドロップなど、その勢いはめまぐるしい。
Hey! Say! JUMPやSexy Zone、欅坂46、日向坂46など、アーティストへの楽曲提供の勢いはとどまること知らず、大きな成果を残し、キャリアを積み重ねている。
日本の音楽シーンでも類まれなる音楽活動のふり幅で、世界を往来している唯一無二の存在。